小学部|国語・算数・英語教室Lepton(レプトン)検見川浜教室

小学部の1日の授業の流れ


みんなで今日の日付を英語で音読してから授業スタート!! (Friday, May 12)

宿題のチェック中、、、計算ドリルの前回のレッスンの英語の復習から始めます。

レプトン英語教室のスタート!

レプトン英語教室ではネイティブの発音を聞きながら、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を楽しく習得できます(^^)

CDを聞いて発音の練習をし、1ページ学習を終えたら先生にチェックしてもらいます!先生と一緒に 正しい発音ができているか声にだして確認します!

英語が1レッスン分終わったら、次は算数・国語の授業です! 学校の学習内容をしっかりと復習していきます。合計1時間半みっちりと勉強して授業終了です!


ご入塾について

次の2つからご希望のコースと通塾曜日お選びいただけます。

 「レプトン+国語算数」
週2回コース
「レプトン+国語算数」
週3回コース
授業曜日月・木・金
ご希望の曜日を
選択できます
月・木・金
ご希望の曜日を
選択できます
授業時間・レプトン
16:50~17:40
・国語算数
17:40~18:30
・レプトン
16:50~17:40
・国語算数
17:40~18:30
月謝
(税抜)
12,000円16,000円

別途、入塾金・諸経費・レプトン教材費がかかります。

※中学部・高校部に兄弟・姉妹が在籍の場合は、入塾金割引があります。

※諸経費は半期分として3月・9月にお支払いいただきます。入塾時期により割引があります。

※長期休み中等は授業時間が変更になります。

2016.01.小学生生徒の声

 

Makeage小学部の特徴

他とは違うMakeageの特徴は、「国語算数の徹底した基礎づくり」×「自立型子ども英語教室レプトン」です。

「今の小学生のうちもばっちり」「さらに、中学生以降の飛躍にもつながる」の両方を追求した形です。

 

ここからは

  • 「英語教室っていろいろあるけど、結局何が違うの?」
  • 「中学受験は特に考えていないけど、不安がない訳じゃない。ちゃんとした準備をさせてあげたいけど、何をすれば大丈夫?」

 

こんなことをお考えの方に、ここからは「小学生にとってベストな学習とは何か?」についての本質的な内容と、Makeage小学部の特徴を交えつつお伝えします。

お子さまに合った塾選びの参考にしてください。

 

「中学受験は特に考えていないけど、不安がない訳じゃない。ちゃんとした準備をさせてあげたいけど、何をすれば大丈夫?」

Makeageでは毎年、ものすごい勢いで成績を上げる生徒がたくさんいます。手前味噌ですが、顕著な例ですと

  • 定期テスト250点前後(平均以下)→300点→350点→400点
  • 1年で偏差値11アップ(2ランク上の高校に手が届いた、とお考えください)

などです。

 

Makeageの自立型学習で大きく成績を伸ばす生徒に共通することとは、なんだと思いますか?

  • 「もともとセンスの良い子だった」?
  • 「根性があって、ものすごい集中力で勉強した」?
  • それとも「それまでサボっていただけだった」?

 

正解は…

「小学校で習う基礎ができているかどうか」です。

もっと具体的に言いますと、「漢字と計算がきちんとできているか」実はこれだけです。

 

なぜ漢字・計算がきちんとできると成績が伸びるか?

まず漢字は部首などのパーツでできています。パーツの合成で全体が構成されており、パーツそれ自体に意味があります。「全体は部分で構成されている」の感覚がある生徒は、国語に限らず社会の暗記科目などもとても有利となります。

また、対義語・類義語を覚えていることも重要です。国語の読解問題の多くは対比構造と具体・抽象の関係で記述されています。

ここで漢字の知識が不十分だと、文章を解説しても「何を言っているのか分からない」となってしまうのです。

「自然」の対義語はご存知ですか?正解は「人工」です。自然界のものと人工物が対比され、その論理関係を問うような設問になるのです。

 

また、計算が正確に行えること。どんどん高度化する中学数学に完全にドロップアウトしてしまう最大の原因は、計算がおぼつかないことです。

数学ができるようになるためには、たくさんの練習問題を解く必要があります。それができれば、自然と高得点をとることができますが、計算がおぼつかない生徒は計算が遅く、しかも不正確なため、「たくさん問題を解く」ことができません

小学生のうちに計算が「早く・正確に」できるようにしておくことが中学以降の飛躍にとても重要になります。

 

結論として、Makeage小学部では、国語は漢字・算数は計算を徹底的にやります。

 

「英語教室っていろいろあるけど、結局何が違うの?」

既存の英語教室は「英会話」と「英検重視型教室」の2つのタイプに分かれます。

30.英会話教室の特徴

多くのお母様が「外国人に慣れて楽しそう!」「小さいうちから英語を聞かせれば、話せるようになるかも?!」といったイメージだけで、英会話教室を選んでいるようです。

その結果、「外国人に慣れて楽しそうだが、『読む』『書く』がさっぱり」「学習の成果や達成度がわからない」「学校の英語が嫌いになってしまい、元も子もない」など、お子さまを通わせたものの、後になって落とし穴に気づかれる方が毎年数多くいらっしゃいます。

 

一方で、「小学生のうちに英検取得を目指す」タイプの英語塾はどうなのでしょうか?

メリット・デメリットをまとめますと以下のようになります。

30.英検重視型の特徴

これを見ると…どっちもどっち、ですよね?

受験重視型では、どうしても「読み」「書き」そして「文法」に偏ってしまいます。

そのため、「英語はつまらない」という印象が付きやすく、そうなるとかなり悪影響が出てしまいます。お子さまにとっては「英語のイメージ=英語塾の英語のイメージ」ですから、中学以降も英語に向き合わない生徒が生まれてしまいます。小学生のうちは、とにかく英語に対するイメージが大事です(よく聞く、「数学はできるけど英語はてんでダメ…」という生徒です)。

 

 「TOEICの時代が来る」ことをご存じですか?

文部科学省は、現在の中学生が大学受験を迎える2020年度より、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能すべてをバランスよく評価する「TOEIC®・TOEFL®」などの世界標準の英語検定試験を大学入試に導入することを検討しており、すでに活用を始めている大学もあります。

TOEIC®・TOEFL®がお子さまたちの受験を左右する時代が訪れようとしています。

つまり…今までの英会話だけでも、文法学習だけでもダメということです。

では、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能すべてをバランスよく学習できる方法はないのでしょうか?

→その答えが、レプトンです!!30.レプトンロゴ

 

学習塾Makeage Lepton(レプトン)検見川浜教室とは?

30.レプトン特徴1


ネイティブの音声を聞いて発音し、発音した単語をくり返し書いて覚える。覚えた単語を使って英文を読み、読んだ内容を理解しているか、英語で質問に答え確認する。

このように「聞く」「話す」「読む」「書く」を総合的に学習しますので、TOEIC®・TOEFL®対策にも有効です。

 

30.レプトン特徴2


一人ひとりが、自分に合ったペースで進められますので、どんどんわかるようになります。わかれば学ぶことが楽しくなり、楽しいから好きなだけがんばれます。がんばるたびに褒められれば、やる気も倍増です!

また、1回のレッスンは50分です。自立学習で進めるテキストは、学習時間10分程度の短い単位で区切られ、学習内容が変化します。そして1つの単位を終えるたびに、先生が一人ひとりの理解度を確認します。この仕組みは、小学生が学習に集中できる時間を考慮して設計されています

 

30.レプトン特徴3


お子さまの習熟度に合わせたテキストで学びます。英語を初めて学ばれるお子さまを含め、どの英語レベルのお子さまでも大丈夫です。

独自開発した81冊のテキストを使い、小学生のうちに、日常生活に必要な7000以上の英単語・会話表現を習得します。

CDを活用し、ネイティブの正しい発音を身につける一方、日本語で文法の学習も行います。

30.レプトンロードマップ

 

30.レプトン特徴4

JETはLepton受講生だけの内部試験ではなく、全国の学習塾、英語塾、英会話教室、プリスクール、私立幼稚園、私立小学校、私立中学校などの子どもたちが参加している全国オープンの検定試験です

1~10級の10段階に細かく設定されており、テキストの進度に合わせ、英語学習歴1年未満の入門・初級者から上級者まで受検できます。

30.レプトン英語テスト

 

2分でわかるLepton



 

Lepton(レプトン)の英語学習のコンセプトを、シンプルにわかりやすく説明しています。

アメリカ生まれの最新技術を使った、ハンドクラフトスタイルの動画となっています。

 

 

 Makeage小学生に関するお知らせ