Makeage高校部

【Makeage高校部について】

Makeage高校部は、県立千葉高校から東京大学理科Ⅰ類に現役合格した塾長の山田和樹が、現役時代に実際に使っていた参考書などを基にカリキュラムを組んでおり、大半の授業を塾長が行っております。

具体的には、英語、数学、物理、化学のいずれも基礎から東大レベルまでを担当しています。

また、全科目について大手予備校・有名塾で活躍している講師の講義+演習問題&確認テストがあります。

各大学のレベル別に、具体的なカリキュラムが用意されています。定期的に講師と生徒で進捗報告を交え、個別に学習管理&明確な勉強法・勉強計画を伝えていきます。

 

【大学受験合格マニュアル】

 

小冊子全科目の勉強法、ゼロから難関大レベルの実力を身につけるまでの詳細なプロセスが説明されています。

『この参考書を』『このように』『これぐらい』やると『この大学』に行ける」と超具体的に書いてあるので、「なにをやればいいかわからない」「どう勉強すればいいかわからない」「自分のレベルにあった参考書がわからない」「このままであの大学に受かるか不安」という不安や悩みが一切無くなります。

Makeage塾生はこの「大学受験合格マニュアル」を元に学習を進めていきます。

 

 

 

【通塾について】

  • 基本的に毎日通塾していただき、最大限の勉強時間を確保していただきます。

    ※今まで大勢の生徒を見てきた結果、毎日勉強をしないと結果を出すことができないからです。

  • 受講科目は、必要に応じて全科目受講していただけます。

    月謝等の変更はありません。

  • 塾の開室時間は以下の通りです。
    • 【学期中】平日13時~22時・土日祝9時~22時
    • 【長期休み中】9時~22時

      日曜祝日も基本的に開室しておりますが、お休みをいただくことがあります。

 

【合格実績・成績実績】(一部掲載)

横浜国立大学 経営学部,千葉大学 法政経学部,上智大学 経営学部,東京理科大学 理工学部,明治大学 理工学部,中央大学 理工学部,法政大学 経済学部,法政大学 デザイン工学部,芝浦工業大学 工学部,千葉工業大学 工学部 etc…

 

【無料体験授業のご案内と申し込み方法】

東大塾長があなたのための勉強プランを作成します!

【ステップ①】電話 or 問い合わせフォームから申し込みをする

■電話の場合■

必ず生徒本人がお電話ください。

「〇〇高校×年の▲▲といいます。体験授業に申し込みたいのですが…」とお伝えください。明るく対応いたしますので、ご安心ください!

043-279-8226

※電話受付時間;13:00〜22:00

 

■問い合わせフォームからの場合■

お気軽にお問い合わせください。

専任講師から直接折り返しいたします。

masago@makeage.co.jpからe-mailにて返信いたします。パソコンからのメールの受信を拒否設定している場合は、設定の変更をお願い致します。

 

生徒お名前 *

お名前ふりがな *

性別 *
男 

所属学校 *

学年 *

ご住所 *

お電話番号 *

携帯メールアドレス *

お問い合わせ内容 *
無料体験講習お申込み 保護者様向け個別説明  その他

メッセージ本文 *(体験講習希望日時等)

お申込みのきっかけを教えてください *
友人・知人の紹介ホームページチラシその他

 

【ステップ②】決定した日時に塾まで来る

体験授業美当日は、塾長山田が直接面談し、あなたの勉強の悩みを全て解決します。面談後は、全科目の授業を実際に受講していただけます。『なんでも気軽に聞いてください!by塾長』

※持ち物;筆記用具,ノート,イヤホン

 

 

【ステップ③】プレゼントを受け取る

体験授業にお越しいただいた方全員に「大学受験合格マニュアル」プレゼントします!

 

【偏差値80/東大A判定の彼がやっていること】

mosikekka

彼(K君)は、公立中学校出身ですが、高1終了時点で圧倒的な成果を上げています。

ですが、すごいのはこの結果だけではありません。

 

上記の模擬試験の出題範囲は、当然高校1年の範囲なのですが、

既に数学ⅡBの学習を終えて数学Ⅲの学習に入っていますし、物理・化学の学習も半分程度終えています。

つまり、中高一貫校を上回るスピードでの学習が可能です。

 

偏差値80という驚異的な成果は、自立型学習の可能性を最大限に生かした結果です。

このように自立型学習は、学習意欲の高い方が実践すると、とんでもない成果を上げられます。

 

【大学受験で成功する人・しない人の決定的な違いとは?】

成否を分かつポイントは2つあります。

1つ目は、「いかに早くスタートするか」です。高校2年の後半や、部活が終わってから本気を出し始める人がいますが、大学受験はそんなに甘くありません。トップ校でも浪人する人が多くいるのは、受験勉強の見積もりの甘さが原因です。

2つ目は、「遠回りをしないこと」です。たとえば、英単語をやると効果的な時期というものがあります。物理を本格的に勉強する前に、数学のツィキを勉強した方がよりスムーズに難関大レベルの問題を理解できるようになります。自己流はやめて無駄のないカリキュラムで勉強を進めましょう。

 

Makeage高校生案内チラシ.pdf

 

口先だけではなく、本気で超難関大学を目指している方は、ぜひ体験授業に来てください。

 

電話から体験授業に申込み

必ず生徒本人がお電話ください。

「〇〇高校×年の▲▲といいます。体験授業に申し込みたいのですが…」とお伝えください。明るく対応いたしますので、ご安心ください!

043-279-8226

※電話受付時間;13:00〜22:00

 

問い合わせフォームから体験授業に申込み

masago@makeage.co.jpからe-mailにて返信いたします。パソコンからのメールの受信を拒否設定している場合は、設定の変更をお願い致します。

 

生徒お名前 *

お名前ふりがな *

性別 *
男 

所属学校 *

学年 *

ご住所 *

お電話番号 *

携帯メールアドレス *

お問い合わせ内容 *
無料体験講習お申込み 保護者様向け個別説明  その他

メッセージ本文 *(体験講習希望日時等)

お申込みのきっかけを教えてください *
友人・知人の紹介ホームページチラシその他

 

このページをご覧になったあなたからの連絡を待っています。

【高校生満室状況】

2017年度(新高1・2・3年生) 

※残り募集生徒総定員11名