すべての悩みを100000000%吹き飛ばす方法

山田ゆうすけ

こんにちは!Makeage(メイケージ)教室長の山田優輔です^ ^

今日は「悩みを消す方法」についての話しです!

悩みの本質

私は悩みがないです。基本的に、常にないです。生まれてこの方ほぼないです。

たとえ悩みがあっても、すぐに悩みを消すことができます。それには理由があります。

 

それは

「悩んでいるということは、実はどっちでもいいと思っている!」

ということを知っているからです。

 

例えば、、、

Uすけさんは焼肉と寿司が大好きで、トマトが大嫌いだとします。

お昼ご飯に「焼肉」か「寿司」で迷っている。

でも、これが「焼肉」か「トマト」だったら迷わず「焼肉」にしますよね。

なぜならトマトじゃ困るから!

つまり、迷っているときとは、どっちでもいいときということ

 

「『う◯こ味のカレー』か『カレー味のう◯こ』食べるならどっちか」みたいな究極の選択がありますが、

「俺う◯こ味のカレーならいけるわ!」と思っているなら、迷わずそっち選びますよね。(汚い話ごめんなさい笑)

 

漠然とした悩みにも実は選択肢がある

悩みの深さや大きさなんて関係ありません。原理は変わりませんから。

 

「受験に受かるかなぁ…」という漠然とした悩みも同じです。

悩んでいるということは、選択肢があるということ

1本道に立ち止まって「どっちに行こうかな?」と悩む人はいません。

だから、漠然とした悩みにも選択肢があるはずです。

 

  • A「受験に受かるためにできることがあるはずだ!取り掛かろう!」
  • B「自分にできることはないしどうにもできない。自分には無理だ。」

 

  • A「めちゃくちゃ本気で勉強すれば●●高校(▲▲大学)に受かるかもな。受かるために死ぬ気で勉強してやろう!」
  • B「めちゃくちゃ本気で勉強すれば●●高校(▲▲大学)に受かるかもしれないけど、そこまでする気はないな。それなりにやって最終的に行けるところでいいや。」

 

「Bを選ぶわけないだろ!」と思うかもしれませんが、悩んでいるということは、AとBの選択肢で迷っているということです。

「できることがあるはずだし、取り掛かってもいい」し、「自分じゃ無理だし諦めてもいい」と思っているということです。

「やればいけるだろうから、本気で勉強してもいい」し、「他の事を犠牲にしてまで勉強に費やしたくないから、諦めてもいい」と思っているということです。

 

悩んでいるということは、どっちでもいいんです。

だから、悩んだ瞬間に、悩むことをやめましょう!

だって、悩んだ時点で、どっちでもいいんだから!

 

悪い意味ではなく、どっちでもいいんだから、あなたはどっちを選んでもきっと満足できる。

 

どっちでもいいんだから、あとは勇気を持って決めるだけ!

 

やまだゆうすけ

友だち追加

Makeage公式LINEアカウント

友達追加してね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です