小学生から塾に通うメリットはぶっちゃけあるのか?

山田ゆうすけ

こんにちは!Makeage(メイケージ)教室長の山田優輔です^ ^

今日は『小学生から塾に通うメリットはぶっちゃけあるのか?』という話をしていきます。

 

なぜこの話をしようと思ったのかというと、

うさちゃん
小学生のうちから塾に通うメリットってどんなところですか?

と聞かれることがあります。

 

この質問に対しての私なりの回答をしていきます。

 

【1年後の勉強量の差は?】

「塾で30問、塾の宿題で20問の問題を解く生徒」

「特に何もしないで過ごしてしまった生徒」

1年後にどれぐらいの演習量の差があるか?

 

  1. 「塾で30問、宿題で20問の問題を解く生徒」

    (40問+20問)×週2日×1年(50週)=6000問

  2. 「特に何もしないで過ごしてしまった生徒」は仮に自分で週2日20問ずつ自学をしたとします。

    (20問)×週2日×1年(50週)=2000問

というかなり大きな差が発生します。

 

【勉強スピードと正確さに差が出てしまう】

これだけの勉強量の差が出ると「勉強スピードと正確さ」に大きな差が出ます

これはその後一生使えるかなり強力な武器になります。

 

なぜ「スピード&正確さ」が大事かというと、

1時間に50問問題を解けて、かつ正確さがある生徒

1時間に30問問題を解くが、正確さがない生徒

とでは、同じ時間勉強しているように見えても、中身が全然違います。

 

勉強の効率と濃さに大きく差が発生します。

そして残念ながらこの差は雪だるま式に大きくなってしまうため、中学後半にはさらに大きな差となって現れます。

 

 

「あの子は要領がいい」とか、「あの子はあんまり勉強しなくても点数が取れる」という生徒の実態は、実はこういうことです。

 

【結論】

というわけで、

「小学生から塾に通うメリットはぶっちゃけあるのか?」に対する自分の回答は、

中学生以降の「勉強の効率が良くなる!」「勉強の密度がとても高くなる!」ため、「めっちゃある!!!」です

 

ちなみにMakeageの小学生はこんな感じで勉強をしています。

 

ご質問や聞きたい話がありましたら、

LINEあるいは下のコメント欄から気軽にご連絡ください^ ^

 

それではまた来週もよろしくお願いします!

 

やまだゆうすけ

友だち追加

Makeage公式LINEアカウント

友達追加してね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です