子どもにこのひと言は言ってはいけない

山田ゆうすけ

こんにちは!Makeage(メイケージ)教室長の山田優輔です^ ^

「子どものために」

「良かれと思って」

と思って伝えた言葉でも、子どもにとっては

 

「自信を失ったり」

「やる気がなくなったり」

「傷ついたり」

と、むしろ逆効果になってしまうかもしれない言葉があります。

山田ゆうすけ

そこで今日は「子どもに言ってはいけない言葉」について書いていきます。

【このひと言は言ってはいけない】

  • 「次のテストで〇〇点(△位)以下だったらスマホ没収ね」
  • 「次のテストで〇〇点(△位)以下だったら塾やめさせるから」

 

これらは「条件をつけてがんばらせようとする」言葉です。

これらの類の言葉には悪い点が2点あります。

 

①結果しか見ていない

1点目は、「”結果”しか見ていない」ということです。

これは、根本的解決になりません。

 

結果を重視する言葉がけをするとどうなるか?

 

それは

  • 結果を得るために”手段”を選ばなくなる
  • 親の期待するような結果を得られないと思った瞬間、がんばらない(努力できない)人間になる

ということです。

「手段を選ばなくなる」とは、カンニングするようになったり、親にテストの結果見せなくなったり、嘘の結果を報告するようになる、ということです。

 

また、「もう無理だ。言われた結果を出せそうにない」と思った子どもは、努力しないようになります

「やってもムダ」「俺(わたし)には無理」と思うようになります。

 

「がんばらない子どもをがんばらせたい」という意図でこの言葉をかけているなら、”プロセス”に条件をつけてあげましょう

 

たとえば、「毎日ワークを1ページずつやっていく」「テスト2週間前からはワークを1日3ページずつやる」などです。

 

【結果はコントロールできない】

また、そもそも結果はコントロールできません

コントロールできるのは、”結果”を出すために”努力すること”(プロセス)のみです。

 

上記のようなの言葉がけ(脅し)で結果が良くなるなら、勉強で悩んでる人なんていません。

脅しでうまくいくなら、受験に100%受かることも容易なことなります。

しかしそんなはずはありません。

 

大人に置き換えてみたら、

「『給料下げるぞ!』と脅せば、誰だって『毎月何億も稼ぐスーパーセールスマンになれちゃう!』」

みたいな話になります。

 

こんな脅しは言われるのも嫌だし、うまくいくはずがないのも納得だと思います。

 

【まとめ】

今回紹介したこのような言葉

  • 「次のテストで〇〇点(△位)以下だったらスマホ没収ね」
  • 「次のテストで〇〇点(△位)以下だったら塾やめさせるから」

は、ただの”脅し”です。

短期的に見れば、一瞬効果があるときもあるかもしれませんが、100%根本的解決にはなりえません

 

もし、勉強で思うような結果が出ていないなら、「勉強をがんばっていない」という以外に原因があることがほとんどです。

 

具体的に、成績が下がっている原因のほとんどは

  • 生活習慣が悪い(睡眠・食事)
  • 人間関係が悪い(親子・友だち)

の2点に集約されます。

 

まずは子どもと良い関係を築いて、話を聞いて、原因を考えてあげるようにしてみてください^ ^

 

やまだゆうすけ

 

ご質問や聞きたい話がありましたら、

LINEあるいは下のコメント欄から気軽にご連絡ください^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です