Makeage高校生コース|大学受験対策×定期テスト対策

Makeage高校生コース

【高校生満室状況】
2022年度残り募集生徒定員
※高1生:2名 高2生:2名 高3生:募集終了
⇒残りわずかです!!ご検討中の方はお早めにご連絡ください。

Makeage高校生コースの理念

はじめまして、Makeage高校部創業者の山田和樹と申します。
私は地元の公立中学校から県立千葉高校へ進学し、東京大学理科Ⅰ類に現役合格しました。

「元から頭が良かったんでしょ?」と思われがちですが、実際は違います。中学3年時の塾の入塾テストでは中1の内容もろくに理解していないことが分かり、トップ校には程遠い学力。偏差値は10も20も足りなかったです。

受験で成果を出すことは、誰にでも可能です。受験攻略の全体像をしっかりと把握して、効率よく学習できる環境があって、適切に指導を行える講師がいれば、あとは本人次第でどんな結果でも出すことができます。

私は高校時代、部活には参加せずにほとんど全ての時間を大学受験攻略に費やしました。そしてわかったことは、大手予備校に通って授業を受ければ安泰、ではないということ。有名な予備校に行けば大学に合格できるのかというと、そうではないことはご承知の通りです。もちろん質の高い授業を受ける価値はあります。ですが授業だけでは受かりません合格するのに必要な勉強量というのがあります。そして品質の高い授業や学習システムによって、生徒ひとりの力では成しえない学習の質を担保することができます。それが講師や予備校の存在価値です。

理想的な学習環境とは

  1. 明確なカリキュラム
  2. 科目ごとの具体的な学習方法
  3. 質の高い授業
  4. チェックテスト

の全てがそろっている環境のことです。

Makeageにはこれらの環境がすべてそろっています。体験授業にお越しいただいた方には、明確なカリキュラムと科目別の具体的な学習方法のノウハウをお伝えしています。質の高い授業とはどういうものか、どのような流れで学習を進めていくのか、それを体験していただきます。

このページをご覧いただき、ぜひ体験授業にお越しください。

文系・理系大学受験対策×定期テスト対策

大学入試の変化に対応

現在の大学入試は、「一般選抜」以外の「推薦型選抜(指定校推薦・公募推薦)」と「総合型選抜(旧AO入試)」の定員が50%を超えています

これは、「試験当日の学力重視」から評定重視=高1から学校の勉強をコツコツがんばった人が評価される時代」に変わってきているということです。
つまり、高校1年生のときから、すでに高2・3年生の場合はなるべく早い段階で、きちんと学校の授業をがんばることで、大学受験のチャンスの幅を大きく広げることができます

Makeageではこういった大学入試の変化をふまえ、評定アップを目指します。具体的には、高校の授業の先取り学習・復習、そして定期テスト対策に力をいれています

Makeageはあなたのこんな学習の悩みを解決

❶ 授業の先取り学習・復習・定期テスト対策をしたい

5教科18科目すべて基本から丁寧な解説講義があります。
レベル別×単元別に講義が豊富にあるのでピンポイントで予習・復習が可能です。生徒一人ひとりに担当の講師がつくので、勉強の相談や質問もいつでも可能です。

❷ 苦手科目を克服したい・得意科目を伸ばしたい

科目ごとにレベルを選べるので、苦手科目はベーシックレベルで基礎固め、得意科目はスタンダードレベル・ハイレベルで応用問題にも対応などといったことが可能です。苦手科目は中学範囲も含め、過去の学習範囲を学び直すことも可能です。

❸ 部活と勉強を両立させたい

通学時間や夜寝る前などのスキマ時間に受講することも、部活のない日にガッツリ受講することもできます。担当のプロ講師があなたの状況に合わせてアドバイスや学習プランを提案します。

❹ 志望校に向けた学習をしたい

あなたの現在の学力や目標とする志望校に合わせて、担当のプロ講師があなた専用の学習プラン・合格カリキュラムを作成します。「志望校対策講座」「共通テスト対策講座」「小論文講座」などを活用し、入試に通用する実力を身に付けることができます。

勉強がわかる→理解度をはかる→弱点を克服するの3STEP授業の先取り学習・復習・テスト対策をお手伝いします



人気参考書や全国の予備校で評判を集めた実力派講師による、暗記に頼らない「本質を追求する授業」で、学習内容の完璧な理解をすることができます。
レベル別×単元別の5教科18科目・1.5万本以上の講義動画※1、さらにハイレベル理系科目は約2840題・675時間以上の解説講義※2がすべて見放題なので、あなたの勉強効率を最速・最大化できます。
※1…スタディサプリ ※2…Leading Up System



講義ごとの「確認テスト・チェックテスト・類題」、単元ごとの「単元テスト」など、様々な粒度で学習理解度を測ることができるテストが揃っています。
あなたのつまずきが大きくなる前に、すばやく細やかに理解度を測定することができます。

確認テストの画面例

 
 



単元テストの結果からつまずきを可視化。担当講師が小問単位で分析し、一人ひとりの弱点に合わせた課題設定や個別指導を行い、弱点を克服します。
※ICTとは「Information and Communication Technology」の略称です。ここでは映像授業・WEBテスト・管理システム・課題や宿題の配信システムなど、Makeageでご提供する学習システムすべてのことを指します。

プロ講師×ICTで生徒一人ひとりに合わせた「オーダーメイドカリキュラム」

高校生は、生徒によって学校も違えば教科・内容も違います。また一人ひとりの得意・不得意も違いますし、通学時間や部活の有無で勉強の取れる時間も違います。
さらには、文系・理系、受験校・学部、受験方式も違い、受験勉強を始めるタイミングも人それぞれで、生徒の数だけ勉強方法や対策方法があります。

勉強や受験で成功するためには、生徒の数だけカリキュラムがあるべきです

Makeageでは教務実績が十分な講師がICTならではの強みを活かして、生徒一人ひとりに合わせてカリキュラムのご提案をし、学習のアドバイスをしながらあなたの学習をサポートします。

◆5教科18科目・1.5万本以上の講義動画で苦手克服も!得意を伸ばすも!高速先取り学習も!

講義はベーシックレベル・スタンダードレベル・トップレベル・ハイレベルとレベル別に4段階に分かれているので、一人ひとりの得意・不得意によって、科目ごとに受講講座をカスタマイズすることができます

例えば、苦手科目はベーシックレベルで基礎固めをすることができますし、中学範囲も含め、過去の学習範囲を学び直すことも可能です。
得意科目はトップレベル・ハイレベルで応用問題や入試問題レベルにチャレンジしたり、得意を伸ばすことが可能です。ハイレベル理系カリキュラム(LUS)に取り組み大学入試レベルも実力をつけることもできます。

さらに、自分のペースでどんどん学習を進めることもできるので、高校1年生で高校2年生の範囲まで終えたり、高校2年生で高校3年生の先取り学習をすることも可能です

◆部活と勉強の両立も!

Makeageには通塾曜日や授業時間という概念はありません。いつでもどこでも、例えば自宅でも、変わらず学習できる環境をご用意しています。通学時間や夜寝る前などのスキマ時間に受講することも可能です。

部活で忙しい日は、夜遅くに来校して受講することもできますし、自宅で受講することもできます。部活のない日には塾に来てガッツリ受講する、なんてこともできます。実際、Makeageに通っている高校生のほとんどが部活生です!

個別ブースで集中できる環境を整えています。

◆一人ひとりの進路希望に合わせた勉強も!

あなたの現在の学力や目標とする志望校に合わせて、担当のプロ講師があなた専用の学習プラン・合格カリキュラムを作成します

例えば

  1. 一般選抜志望なら「共通テスト対策講座」「志望校対策講座」、さらにハイレベル理系カリキュラム(LUS)で学習をし、入試に通用する実力を身に付けることができます。
  2. 総合型選抜(旧AO入試)志望なら、「総合型選抜対策講座」「小論文講座」「英検対策講座」などを活用し、対策することができます。
  3. 学校推薦型選抜(指定校推薦・公募推薦)を狙うなら、「通年講座」を活用した全科目の基礎学力の向上・定期テスト対策を徹底的に行います。

◆あなたの勉強をフルサポートするプロ講師!

勉強は独りでやるには辛いもの。
独りで取り組むと

✓適切なやり方がわからない
✓何から手をつけてよいかわからない
✓結果的に遠回りをしてしまう
✓困った時に相談ができない
✓わからない問題が質問できない
✓できるようになるイメージがつかめず諦めてしまう
✓モチベーションが続かずストップしそのまま停滞してしまう

という問題が発生します。
ですので、「独学」というのは学習手段として間違っています。勉強や受験は、客観的なフィードバックやアドバイスがもらえ、継続できる状況下でしかなかなか成功できません。

Makeageでは小人数制の定員を設けているため、一人ひとりをしっかりサポートできるようにしています経験豊富な講師が、一人ひとりの学習進捗状況や理解度を随時確認し、課題や宿題の配信・学習方法のフィードバックをこまめに行います。勉強の質問や相談ももちろんいつでも可能です。

難関理系大学を目指す「ハイレベル理系」カリキュラム

難関大学では現在も一般選抜の募集枠が大きく、「学力重視」の傾向が続いています。そのため、高難度の入試問題を自力で解ける実力を身に付けなければいけません
Makeageには東京大学理科Ⅰ類に現役合格した塾長山田和樹が開発したハイレベル理系科目学習システム「Leading Up System」があります。

ハイレベル理系科目学習システム Leading Up System

Leading Up System(略してLUS(ラス)と呼んでいます)は、ハイレベルの理系科目をマスターするための学習システムです。

LUSの画面例

全2800題以上・675時間以上の単元別×レベル別の講義とWEBテストを体系立ててまとめてあります。まったくの知識ゼロの状態から教科書レベルの事項についてしっかり理解していき、最終的に東大理系レベルの問題が解けるようになるまでのすべてを詰め込んでいます。

もちろん、生徒の現状に合わせてどのレベルから学習をスタートするかを決定していきます。また、目指す志望校によってどの講義を受けるのか、学習量を調整していきます。

明確なカリキュラム

理系難関大合格ロードマップ

この『理系難関大合格ロードマップ』は、理系生徒の難関大学受験の攻略ルートを1枚の紙にまとめたものです。受験勉強をイメージ化してあるので、やること・自分の進捗状況が超明確になります。
学習方法とカリキュラムは明確に決まっていますので「何をどんな順番で勉強していったらよいかわからない」ということはなくなります。またWEBテストによりきちんと実力を測るので「できないまま」になったりしません。

Makeage高校生コースについて

指導内容・学習方法について

  1. 入塾時に面談を行い、一人ひとりの現状や課題、目標をヒアリングします。その内容をもとに、学習方針やカリキュラムをご提案・作成します。
  2. カリキュラムに沿って、学習を進めていきます。
  3. 学習は講義動画・テキスト・WEB上の確認テスト・参考書・各高校で配布される問題集などを使って進めていきます。
  4. 受講状況やテスト結果はオンライン上で講師が随時確認できるので、こまめでスピーディーなフォローアップが可能です。学習状況をもとに、課題や宿題を設定します。
  5. 分からない箇所などの質問や、受験科目や志望校、受験校の相談等すべて可能です。
  6. 受講科目は、必要に応じて全科目受講していただけます。入塾後にいつでも何度でも変更可能です。
    ※当塾は月謝制になりますので、受講科目による月謝の変更はありません。
  7. 塾生専用のLINEからも質問や相談、連絡がいつでも可能です。

通塾・利用方法について

  1. 塾の開室時間中はいつでも通塾していただけます。塾の開室時間は(月)~(土)の13時~22時です。
    ※(月)~(土)が祝日の場合も通常通り開室しています。
    ※日曜日は原則閉室となりますが、開室する場合は随時塾生専用LINEなどから連絡をいたします。
    ※年末年始はお休みをいただく日があります(例年12/30~1/3)。
  2. 固定の授業曜日・時間はありませんが、少なくとも週に1日は学習状況の確認・フィードバックの場として講師との面談を行いますので、最低週1日以上は通塾していただきます。
  3. 生徒一人ひとりに専用の座席(ブース)を確保いたしますので、テキストや参考書を置いておくなど、ご自由にお使いいただけます。

ご入塾までの流れ・お手続きについて

  1. まずは体験授業にお越しください。その際に必要書類等をお渡しいたします。
  2. 体験授業後、ご入塾をご検討ください。
  3. ご入塾をご希望の際は下記連絡先までご連絡をお願いいたします。ご入塾のお手続き方法、初回費用のお支払い、初回通塾日などの詳細をご案内いたします。
  4. ご入塾の際のご連絡先:①,②いずれかにご連絡ください。
    ◆①メール:masago@makeage.co.jp
    ◆②LINE:Makeage公式LINEアカウント

 

よくあるご質問 Q&A

以下のページで高校生コースのよく寄せられるご質問とその答えをまとめております。ぜひご参照ください。

 

無料体験授業のご案内とお申込み方法

体験授業は随時承っております。
※定員に達している場合は体験授業の受け入れができませんので、お早めにお申し込みください。

【高校生満室状況】
2022年度残り募集生徒定員
※新高1生:2名  新高2生:3名  新高3生:募集終了
⇒残りわずかです!!ご検討中の方はお早めにご連絡ください。

◆体験授業の内容

  1. 面談を実施し、志望校合格にむけた受験勉強の全体像をご説明します(20分程度)。
  2. 実際に授業やWEBテストを受講し、学習環境を体験していただきます(時間は任意ですが、2時間程度をみてください)。

◆体験授業の持ち物

  1. 筆記用具
  2. 板書用のノートやルーズリーフ
  3. イヤホン

体験授業のお申込み方法

以下の「①お問い合わせフォーム」または「②LINE」からご連絡ください。

❶ 問い合わせフォームからお申込みになる場合

お気軽にお問い合わせください。担当講師から直接折り返しいたします。
masago@makeage.co.jpからe-mailにて返信いたします。パソコンからのメールの受信を拒否設定している場合は、設定の変更をお願い致します。

    * 生徒お名前

    * お名前ふりがな

    * 性別
    男性女性その他

    * 所属高校名

    * 出身中学校名

    * 学年

    * 理系・文系

    * ご住所

    * お電話番号

    * メールアドレス(ご連絡先)

    * お問い合わせ内容
    無料体験授業お申込みその他

    * メッセージ本文(体験授業希望日時等)

    * お申込みのきっかけを教えてください
    友人・知人の紹介ホームページチラシその他

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ❷ LINEからお申込みになる場合

    進学塾Makeageの公式LINEを友だち追加するとお問い合わせテンプレートが届きます。
    テンプレートに必要事項を入力いただき、メッセージをお送りください。担当講師が折り返し返信いたします。

    友だち追加

    ◆体験授業ご参加特典◆

    「理系科目攻略マニュアル」&「文系科目攻略マニュアル」をプレゼント!

    「理系科目攻略マニュアル」「文系科目攻略マニュアル」では各教科ごとの詳しい勉強方法を解説と、レベル別おすすめ参考書&合格ロードマップを紹介しています。
    勉強方法は文系科目と理系科目で大きく違います。詳しい学習の進め方や学習方法が明確に決まっていれば「何をどんな順番で勉強していったらよいかわからない」ということは一切なくなります
    体験授業にお越しいただいた方に無料配布していますので、ぜひ一度お越しください。

     

    Makeage生の合格実績

    ◆国立大学◆
    東京大学
     理科二類,東京工業大学 第3類,筑波大学 医学群千葉大学 薬学部,横浜国立大学 経営学部,千葉大学 法政経学部,千葉大学 工学部,首都大学東京 システムデザイン学部

    ◆私立大学◆
    慶應義塾大学 理工学部,慶應義塾大学 経済学部,慶應義塾大学 文学部,早稲田大学 先進理工学部,早稲田大学 スポーツ科学部,上智大学 経営学部,上智大学 理工学部,東京理科大学 工学部(特待),東京理科大学 先進工学部,東京理科大学 理学部,東京理科大学 理工学部
    立教大学 文学部,明治大学 理工学部(特待),明治大学 政治経済部,明治大学 文学部,中央大学 理工学部,法政大学 経済学部,法政大学 デザイン工学部,法政大学 理工学部,昭和大学 医学部東邦大学 医学部北里大学 薬学部(特待)
    芝浦工業大学 工学部,成蹊大学 経済学部,津田塾大学 学芸学部,獨協大学 経済学部,獨協大学 法学部,東洋大学 経済学部,東洋大学 経営学部,東洋大学 文学部,日本大学 薬学部日本大学 理工学部,日本大学 経済学部,日本大学 生物資源科学部
    武蔵野大学 看護学部,武蔵野大学 人間科学部,立正大学 法学部,立正大学 経済学部,聖心女子大学 現代教養学部,神田外語大学 外国語学部,共立女子大学 家政学部
    亜細亜大学千葉工業大学大正大学帝京平成大学東京医療保健大学城西国際大学 etc…

    指定校推薦合格者インタビュー

    指定校推薦で明治大学 政治経済学部に合格した、市立千葉高校卒のM先輩のインタビュー記事です!

    指定校を取るならいつから勉強した方が良い?
    指定校はやれば誰でも取れるの?
    指定校推薦を取る人の勉強方法とは?
    科目ごとの勉強のコツ・ポイントは?
    指定校を取る人の勉強時間とは?

    などなど参考になることをたくさん教えてくれました!

    ◆これから高校に進学する中学生
    ◆定期テストで良い点数を取りたい高校生
    ◆指定校推薦を狙いたい中学生高校生
    ◆そもそも指定校推薦ってなに?気になる!

    というどんな人にとっても参考になる内容になっているのでぜひご覧になってください^ ^

    超難関大学合格者インタビュー

    Makeageのハイレベル理系科目学習システム「Leading Up System」を活用して超難関大学にした生徒たちのインタビュー動画です!

    難関大合格者は何を意識して勉強していたか?
    定期考査の活用方法とは?
    過去問は何年分解いたか?
    授業の受け方や板書の取り方は?
    授業を2回、3回見る理由とは?
    ひらめきはどうやって身に付くのか?
    問題を解くスピードを上げるには?

    などなど大学受験をする人には参考になることをたくさん話してくれているのでぜひご覧になってみてください!

     

     

    ≫偏差値80/東大A判定の彼がやっていること

    ≫大学受験で成功する人・しない人の決定的な違いとは?