大学受験で成功する人・しない人の決定的な違いとは?

大学受験で成功する人・しない人の決定的な違いとは?

成否を分かつポイントは2つあります。

1つ目は、「いかに早くスタートするか」です。

高校2年の後半や、部活が終わってから本気を出し始める人がいますが、大学受験はそんなに甘くありません。

トップ校でも浪人する人が多くいるのは、受験勉強の見積もりの甘さが原因です。

 

2つ目は、「遠回りをしないこと」です。

例えば「●●大学に合格するならこのカリキュラムをこなす必要がある」こうした情報は最初から分かっています。

しかし、ただ闇雲に勉強していたのでは、その合格に必要な勉強量をこなすことができません。

Makeageの生徒には、明確なカリキュラムと科目別の具体的な学習方法のノウハウをお伝えしています。