新中3生新年度オリエンテーションを行いました

山田優輔

こんにちは!
Makeage(メイケージ)塾長の山田優輔です。

Makeageでは2021年3月1日から、2021年新年度の授業が始まりました!

新年度スタートということで、初回の授業でオリエンテーションを行いました。

新年度オリエンテーションの内容

オリエンテーション内容
  • 中3生担当講師山田優輔の自己紹介
  • 中3生の年間学習カリキュラム
  • この春の勉強の重要性
  • 授業の進め方や確認テスト・宿題の取り組み方などの説明

このようなことを伝えていきました。

 

自己紹介

中2生までは松田先生が担当講師だったため、生徒たちはこれまで私とはあまり絡みがありませんでした…

ということでまずは自己紹介を簡単に。

 

僕自身、Makeageがあるココ真砂で生まれ育ちました。

 

  • 中学校は真砂二中(現真砂中)
  • 高校は稲毛高校
  • 大学は中央大学

経歴はこんな感じです。

生徒のみなさんと同じ街で育ち、同じように過ごしました。

 

親近感をもって接してくれればうれしいです^ ^

塾長山田優輔の中学時代の話

2017年1月1日

 

中3生の年間カリキュラム~この春の勉強の重要性~

中3生は学校の定期テストの勉強はもちろんのこと、さらに受験勉強もしていかなければいけません。

ご存知の通り、受験勉強は受験直前の2~3か月だけ頑張ればいい、ということはありません。

 

3年間分のすべての学習内容をアタマに入れ、習得しなければいけません。

やらなければいけないことがたくさんあります。

それには当然時間がかかります。

 

だからMakeageでは、受験1年前の中3の3月から受験勉強を開始します。

ということでこの3月は、1ヵ月もの時間をかけて、受験の要である1,2年生の英語・数学の復習を徹底的に行います。

 

『授業⇒宿題⇒確認テスト』というサイクルを2周、つまり合計6回復習の機会をつくります。

 

山田優輔

6周もやれば、誤魔化さずにきちんとやれば、誰でもいまより必ずできるようになる!!!!!!

と思います。

 

実際昨年度の中3生は

  • 磯辺中T先輩:48→56(偏差値アップ
  • 花園中I先輩:40→51(偏差値11アップ
  • 真砂中U先輩:62→68(偏差値アップ

こんな成果を出すことができました。

 

上記の先輩たちは元々の偏差値がばらばらですが、元々の偏差値に問わず成績を上げることができています。

だからみんなもできる!

そう思います。

 

授業の進め方や確認テスト・宿題の取り組み方などの説明

さいごに改めて

  • 授業の進め方
  • 確認テストの取り組み方・復習の仕方・タイミング
  • 宿題の取り組み方

などを説明しました。

 

山田優輔

こういった理由で、こうした方が良いよ!

と、改めて理由からちゃんと説明をすると、多くの生徒が理解し実践してくれるように思います。

 

まとめ

こんな感じでオリエンテーションを行いました。

 

勉強って、めちゃくちゃ楽しいと思わなくてもいいけど、少なくともそんなにつまらないものじゃないです。

 

ものごとは、適当にやるとつまらないし、よく知りもしないことはつまらない。

ものごとは、本気でやると楽しいですし、知れば知るほど楽しいです。

わざわざ長時間塾に来て、せっかく勉強するなら、偏差値も上げちゃって、楽しくやっていきましょう♪

 

それでは新3年生のみんな、これから1年間よろしくお願いします^ ^

Makeage 山田優輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です