百発百中の”やる気”の出し方

山田ゆうすけ

こんにちは!Makeage(メイケージ)教室長の山田優輔です^ ^

今日は「やる気の出し方」のお話です!

やる気を起こさせるもの

「やる気が出ないから勉強できない」「やる気が出ないから行動できない」時ってありますよね。

 

勉強しなければいけないのに「部活で疲れたから今日はやりたくない」。

塾に行こうと思っていたのに「今日は天気が悪いからやめておこう」。

ダイエットで今日から毎日腹筋をしようと思っていたのに「仕事で疲れたから今日はいいや」「今日は少し寝不足だから」。

どれも珍しくないことだと思います。

 

「やる気」がないとなかなか「行動」できません。

しかし、実はこの「やる気」を起こさせるのが「行動」です。

 

行動するからやる気が出る

心理学の研究で明らかになっていることです。

人は「やる気があるから行動する」のではなく、「行動してからやる気が出てくる」そうです。

人には「行動によってやる気を自己発電するシステム」が備わっています。

つまり、「行動しなければ電気(やる気)は発生しないから、一生動かないまま」ということです。

 

まずは小さな行動をしろ!

やる気がないのに「行動しろ」と言われても困るかもしれませんが、大丈夫です。

まずはほんの小さな行動から始めましょう。しっかり行動しなくて大丈夫です。

 

例えば先のランニングを例にしてみます。

「今日は寒いからなぁ」「なんか天気が怪しいからなぁ」とやめようか考えてしまった時に、

  • 「とりあえず走る格好に着替えるだけ」
  • 「玄関の外に1歩出るだけ」

等そのレベルでまずは行動してみます。

すると「いやここまでやったんだから歩きでもいいから少し行くか」

→「いやいや、せっかく寒い中出てきたんだから少し走るか」と、

「せっかくここまでやったんだからやらないほうがめんどくさいわ!やるわ!もはやここまできたらやりたいわ!」って人は考えるようにできています

 

幼稚園に送った子どもが、門の直前ですごいぐずってる。無理やり送り出したけど、いざ幼稚園の終わりの時間に迎えに行ったら「すごい楽しかった♪」って感じで帰ってくるのも同じです。

 

きっと「今日は塾めんどくさい」と言って家を出ていった子も、いざ塾に来たらバリバリ勉強しちゃっていると思います。

 

子どもも学生も大人もみんな一緒です。

勉強のやる気が出ない時の対処法

「勉強やる気出ない」と思ったら、「ワークの問題1問目だけを解く。そしたら今日は俺勉強やめてOKだから!」と言い聞かせて、1問だけやりましょう!

まあ、そこまでやったらきっと最後までやりきっちゃいますけど♪

 

「今日はやる気でないから塾行かなくていいか」と思ったら、リュックだけ背負いましょう!リュック背負った後、もう一回ソファに戻っていいから、とりあえず背負いましょう!

まあ、きっと「しょうがねぇ、行くか」ってなっちゃいますけど♪

 

まとめ

「卵が先か鶏が先か」のような話ですが、「”行動”と”やる気”」においては間違いなく”行動”が先です。

ですので「やる気が出るのを待つ」は間違っています。

 

  1. やる気がないままでいいから、ほんの小さな行動をとる
  2. ちょっと続きをやりたくなっちゃう
  3. ちょっと続きをやってしまう
  4. さらに続きをやりたくなっちゃう
  5. もっとやっちゃう
  6. めっちゃやっちゃう
  7. ………(無限ループ)

 

「やる気」にも「慣性の法則」が成り立ちます。

 

これからは、やる気が出ないと思ったら自分にこう言ってやりましょう。

「え!?やる気が出ないって?そりゃお前、”やらなきゃ”やる気が出るわけないじゃないか!hahahahahaha##」

 

以上やまだゆうすけでした^ ^

友だち追加

Makeage公式LINEアカウント

友達追加してね♪

2 件のコメント

  • 打瀬在住の者です。
    高校2、小6年の子供がおります。
    非常に貴塾に興味がありましたが、通わせるには場所が難しく、打瀬方面に開講の予定はございませんか?

    • コメントありがとうございます。
      「打瀬方面に教室を作る」ということは、現状では予定はございません。申し訳ありません。

      現在Makeageは打瀬から通塾している生徒が多数在籍しています。中3生なんかは打瀬から通っている子の比率が一番高いです。
      高校生は自転車、小・中学生は日によって自転車・車での送迎で通塾しています。

      もしよろしければ、問い合わせフォームからお問い合わせいただき、一度ご相談にのれればと思います。
      特に高校生は定員が上限に達しそうなので、ご検討中であればお早めにご連絡ください。
      いつでもご連絡お待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です